今日わかったこと!

毎日発見があると楽しく充実した日が過ごせますよね!

妊娠線ができやすい時期は?予防はいつから?目立たなくするには?

      2017/09/02

ninnshinsendekiyasuiyobou
実はほとんどの妊婦さんが出来てしまう妊娠線。私自身も子どもが二人いるので、どちらの時もなってしまい『デブ線ができてしまった!!』と自覚している一人です。
妊娠してすぐの頃に妊娠線について防ぐ方法などいろいろ調べたことを懐かしく思いますし、女優さんなどは産後も変わらず素敵な容姿で復帰されるので本当に尊敬します。もちろん一般の方でも同じような方はいるでしょうが、周りの妊婦経験者の話を聞いていても、出来た事がないという人を聞いたことがないくらいです。
妊娠・出産を乗り越えた勲章ではありますが、やはり見るとゲンナリしてしまいますよね。
妊娠中の方に少しでもこの妊娠線が出来てしまわないよう、参考になればと詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

妊娠線ができやすい時期は?

一般的に安定期を迎える頃には悪阻(つわり)もなくなり、食欲も出てくるので体重が増加しやすくなります。
同時に、赤ちゃんも大きくなってくるのでお腹も目立つくらいふっくらしてきます。自身の体重も増えてお腹も出てくると、その分全身にわたって皮膚が伸びます。
妊娠線の出来る原因は急激な皮膚の伸びに耐えられなくなったことで起きるのです。
この事から一番出来やすい時期は、安定期から臨月にかけてだと言えます。
私自身の経験では、妊娠後期にあたる8ヶ月から臨月にかけてお尻から太ももにかけてたくさん妊娠線が出来てしまい、
お腹にはお臍から下に向かって出来る正中線が出来てしまい、残念ながらどちらもいまだに消えずに残っています。

スポンサーリンク

妊娠線の予防はいつから?

出来やすい時期よりも早くから予防を始めることをお勧めします。
妊娠がわかってからすぐに始めてもおかしくありません。予防方法としては肌の保湿が一番効果的です。
妊娠中の肌はかなりデリケートな為、出来るだけ不純物の少ないオーガニック素材のクリームがお勧めです。
どのクリームを選んでいいか迷う時は、妊娠線予防専用のクリームが市販されていますので、それを使用して頂くのが間違いないと思います。
私も大量に入ったポンプ式の専用クリームを使用していました。肌に優しいクリームですので、妊娠期間中に使い終わらなくても赤ちゃんにも使えます。
毎日、寝起きと入浴後や就寝前に塗り、肌の乾燥を防ぎましょう。全身に塗るのが望ましいですが、お腹はもちろんのこと、胸、二の腕、太もも、お尻を重点的に塗ってください。
皮膚が急激に伸びてしまわないよう、体重管理も大切だといえます。
お腹の赤ちゃんの為にたくさん食べないと!!というのではなく、バランスのいい食事を心掛けて、体調が良いようであれば適度な運動もしていきましょう。




妊娠線を目立たなくするには?

予防をしていても妊娠線が出来てしまうことはあります。
妊娠中に妊娠線を目立たなくしたり、消したりすることは無理ですが、産後は時間とともに皮膚も元に戻り体重も基本的には減っていくはずなので、妊娠線もだんだんと目立たなくはなってきます。
ですが、産後も続けて保湿をしていくことがとても重要です。
妊娠線による黒ずみがあるようであれば、肌への刺激が少ないせっけんやボディシャンプーで丁寧に優しく肌を洗うことも効果的なようです。
あまりにも妊娠線が酷い状態でどうしても気になる場合は、形成外科や美容外科でレーザー治療も可能です。産後すぐには出来ることではありませんが、赤ちゃんのお世話が落ち着き自分の身体にお手入れする時間が出来たら、一度専門の病院へ相談してみるのもいいでしょう。

まとめ

保湿が一番効果的だと述べましたが、私自身の経験からして保湿だけでは妊娠線を完全に防げないように思います。
食べ悪阻だったので常に何か口にしていましたし、臨月を迎えて赤ちゃんが下がってきた頃は食事が美味しくてたまらず、結果的に体重は15㎏増加してしまったので妊娠線がたくさん出来てしまったのだと思います。
さらには妊娠8ヶ月後半には切迫早産になり絶対安静の生活をしていたことも要因だと考えられます。
妊娠・出産は当然ながら同じケースは何ひとつなく、無事に生まれてきてからも当たり前のように過酷な育児が待っています。
常に赤ちゃんが優先になり生活が180度変わりますし、自分自身は全て後回しになってしまいます。
でも、母親になっても女性は女性。どうせなら綺麗でいたいものですよね。私みたいに後悔してしまわないよう、出来る限りの予防を無理なく試してみてくださいね。

スポンサーリンク

 - マタニティ☆子育て

  関連記事

防災グッズのセットを赤ちゃんの分は?ミルクはどうする?オムツは?

スポンサーリンク 災害は突然起こります。 赤ちゃんがみえるご家庭では赤ちゃんに必 …

七五三の写真を前撮りするときの時間は?ぐずるなら?

お子さんの七五三おめでとうございます。 スポンサーリンク 健やかに成長されその記 …

子供の水遊びはいつから?プールを自宅でするときは?帽子は必要?

スポンサーリンク 暑い日が続くと子供に水遊びをさせたいと思いますよね。 うちの子 …

子供が寝ないとイライラする! 昼寝すると夜は? ドライブは?

スポンサーリンク 赤ちゃんがいる生活はなかなか思い描いていたものと違うことがあり …

赤ちゃんの虫除けの対策は?安全なの?寝室はどうしてる?

赤ちゃんは新陳代謝が盛んなので 蚊に刺されやすいです。 スポンサーリンク 赤ちゃ …

子供の友達のマナーについて。家に来るときのお菓子はどうする?

スポンサーリンク 親としては我が子がお友達と仲良く遊ぶことは とっても嬉しいこと …

赤ちゃんの紫外線対策はいつから?車の中のおすすめグッズは?

部屋で泣いていた赤ちゃんを外であやすとすぐ泣き止むことってよくありますよね。 ス …

ベビーカーの電車でのマナーは?乗り降りは?泣く場合は?

スポンサーリンク 赤ちゃんを連れてママ一人で電車でお出かけって 思った以上に大変 …

赤ちゃんに生クリームをいつからあげてもいい?クリスマスケーキは食べれる?代用になるものをあげたほうがいい?

離乳食が進んでいる赤ちゃんは、 スポンサーリンク もしかして家族と一緒にクリスマ …

母子手帳の交付の時期は?紛失しても再発行してもらえる?

スポンサーリンク 妊娠するともらえる母子手帳。 母子手帳をもらうとあ~お母さんに …