今日わかったこと!

毎日発見があると楽しく充実した日が過ごせますよね!

三寒四温の意味は?時期はいつ?正しい使い方は?

   

三寒四温って聞いたことあったけど、ちゃんと内容を知らない人は多いのではないでしょうか。

という私も言葉は知っていたつもりだったんですけどね。

実際に調べてみたら

間違って使ってたわ~~ってなりました。

改めて三寒四温を調べてみたまとめを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

三寒四温の意味は?

三寒四温って最近では春に向かってだんだん暖かくなってきた季節のことに使われることが多くなってきました。

最近では・・・としたのは、本来の意味はまったく違っていたからです。

もともとの三寒四温はシベリア高気圧がヒマラヤ山脈にあたって冷たい空気と暖かい空気が交互に流れてくる様子を表しています。

それが3日間寒い空気がながれてきて、そのあと暖かい空気が4日間ながれてくることを指しています。

三寒四温は春先の言葉ではなく、本来は真冬のことを表しています。

そもそも日本には3日間寒くて4日間暖かいといった気象現象はなかったのです。

朝鮮半島や中国の東のほうではこのような現象が起こっていたので使われていたのですが、日本に三寒四温としての言葉だけが入ってきただけで実際にはそのような現象は怒らなかったんですね。

スポンサーリンク

そのため日本では春に向かって暖かい日が増えたな~と思ったらまた冬みたいに寒くなるときに使われるようになりました。

三寒四温の時期は?

先程も書きましたが、もともと三寒四温は冬の言葉でした。

ですが、日本ではだんだんと暖かくなってくる春先のことを言うようになりました。

三寒四温の正しい使い方は?

そうすると三寒四温の使い方を悩んでしまいますね。

いままではだんだんと暖かくなる春先に使うものだとおもっていたら、実際には冬の言葉なので厳密に言えば春先に使うのはお菓子な感じがするわけです。

ですが、日本では春先のことを表現する言葉として三寒四温が使われるという事実もありますので、今までのように使っても問題ないのです。

アナウンサーや天気予報士も暖かい日が続いきて寒い日に戻ってしまったりするときに三寒四温という言葉を使ったりしています。

なので無理に真冬に三寒四温を使わなくても大丈夫です。

ただ、本来の意味を知っているとマメ知識としていいですよね。

今まで何気なく使っていた言葉も感慨深いものになりますね。

言葉は時代とともに変化していくんですね~。

まとめ

今まで本当に三寒四温が冬の言葉だなんてこれっぽっちも思っていませんでした。

今回、三寒四温の語源をしれて一つ賢くなりました!

家でも家族に三寒四温の意味を聞いてみたいと思います!

スポンサーリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

お年玉で子供の数が違うときや子供がいない親戚にはどうしたらいい?いくらが相場なの?

何かと出費が多い年末年始に、更に頭を悩ませるのがお年玉の出費。 スポンサーリンク …

車のトラブルでエンジンがかからないとき電話はどこに?

スポンサーリンク 車のトラブルというのは、ある日突然起こるもの。 急いで出掛けた …

車のトラブルで運転中に音がおかしい時の対処の仕方

毎日運転していても、車の仕組みがよくわからないまま乗っている、 スポンサーリンク …

京大受験の宿泊先と交通手段は?京大生のママによる受験体験談。

大学受験の中でも、難関を狙っている学生さんは、早めに受験準備をしていると思います …

お中元を結婚後に上司に送るべき?相場は?人気なものは?

スポンサーリンク お中元の季節になりましたね。 どういう方に贈るのかも気になりま …

年賀状の一言を親戚に書く場合の例文と疎遠になっている場合に書いたほうがいい言葉は?

最近では年賀状のプリントサービスも進化し、スマホで作った文面をそのまま印刷してく …

灯油の処分の仕方で少量を家庭ではどうすればいい?

冬が近づき、暖房器具の用意をする人も多いと思います。 スポンサーリンク 灯油を使 …

冬に静電気がおきる仕組みを知って静電気除去の対策を身近なものでしてみよう!

スポンサーリンク 冬になると誰でも一度は経験するであろう バッチっていうあの「静 …

夏のネイルを100均のマニキュアでの塗り方のコツは!

スポンサーリンク 夏には手足を出す機会がおおいので ネイルをやってみたいと思う方 …

夏休みの自由研究を旅行記にして行き先の都道府県を調べてみよう!

夏休みに家族旅行を計画されている方も多いと思います。 スポンサーリンク 楽しみで …