今日わかったこと!

毎日発見があると楽しく充実した日が過ごせますよね!

三寒四温の意味は?時期はいつ?正しい使い方は?

   

三寒四温って聞いたことあったけど、ちゃんと内容を知らない人は多いのではないでしょうか。

という私も言葉は知っていたつもりだったんですけどね。

実際に調べてみたら

間違って使ってたわ~~ってなりました。

改めて三寒四温を調べてみたまとめを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

三寒四温の意味は?

三寒四温って最近では春に向かってだんだん暖かくなってきた季節のことに使われることが多くなってきました。

最近では・・・としたのは、本来の意味はまったく違っていたからです。

もともとの三寒四温はシベリア高気圧がヒマラヤ山脈にあたって冷たい空気と暖かい空気が交互に流れてくる様子を表しています。

それが3日間寒い空気がながれてきて、そのあと暖かい空気が4日間ながれてくることを指しています。

三寒四温は春先の言葉ではなく、本来は真冬のことを表しています。

そもそも日本には3日間寒くて4日間暖かいといった気象現象はなかったのです。

朝鮮半島や中国の東のほうではこのような現象が起こっていたので使われていたのですが、日本に三寒四温としての言葉だけが入ってきただけで実際にはそのような現象は怒らなかったんですね。

スポンサーリンク

そのため日本では春に向かって暖かい日が増えたな~と思ったらまた冬みたいに寒くなるときに使われるようになりました。

三寒四温の時期は?

先程も書きましたが、もともと三寒四温は冬の言葉でした。

ですが、日本ではだんだんと暖かくなってくる春先のことを言うようになりました。

三寒四温の正しい使い方は?

そうすると三寒四温の使い方を悩んでしまいますね。

いままではだんだんと暖かくなる春先に使うものだとおもっていたら、実際には冬の言葉なので厳密に言えば春先に使うのはお菓子な感じがするわけです。

ですが、日本では春先のことを表現する言葉として三寒四温が使われるという事実もありますので、今までのように使っても問題ないのです。

アナウンサーや天気予報士も暖かい日が続いきて寒い日に戻ってしまったりするときに三寒四温という言葉を使ったりしています。

なので無理に真冬に三寒四温を使わなくても大丈夫です。

ただ、本来の意味を知っているとマメ知識としていいですよね。

今まで何気なく使っていた言葉も感慨深いものになりますね。

言葉は時代とともに変化していくんですね~。

まとめ

今まで本当に三寒四温が冬の言葉だなんてこれっぽっちも思っていませんでした。

今回、三寒四温の語源をしれて一つ賢くなりました!

家でも家族に三寒四温の意味を聞いてみたいと思います!

スポンサーリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ママ友の集まりに行きたくない本当の理由は!○○○が気になるから

スポンサーリンク 子供が保育園に入る頃から子供の友達を通じてママ友もたくさんでき …

車のトラブルで運転中に音がおかしい時の対処の仕方

毎日運転していても、車の仕組みがよくわからないまま乗っている、 スポンサーリンク …

制服のお下がりをもうらったらお返しは?あげたほうの気持ちは?

スポンサーリンク 入園・入学のシーズンは何かと物入りですよね。 特に中学の入学と …

手ぬぐいの甚平の作り方で赤ちゃんの型紙がいらない方法は?

ママになると、子供には愛情込めた手作りの服や小物を作りたくなりますよね。 スポン …

年始の挨拶に使う言葉で「昨年は」や「本年も」「こちらこそ」の正しい使い方は?

スポンサーリンク 新年のあいさつは、その場の流れで返してしまい言葉がおかしくても …

防災グッズのセットを赤ちゃんの分は?ミルクはどうする?オムツは?

スポンサーリンク 災害は突然起こります。 赤ちゃんがみえるご家庭では赤ちゃんに必 …

大学入試の面接で聞かれることと答え方は?参考になる回答例はコレ!

夏休みも終わり、そろそろ入試の追い込みの時期になってきました。 スポンサーリンク …

梅ジュースの作り方で簡単な方法と泡が出る発酵の対処法

夏に梅ジュースを飲むと元気になりますよね。 スポンサーリンク 市販のものもいいで …

きゅうりを大量に保存するときに長持ちさせる方法と冷蔵庫でシナシナにならないようにするには?

スポンサーリンク 夏野菜の代表格きゅうりは、家庭菜園でもたっぷり実る野菜なので、 …

自由研究で旅行記にするときの高学年から低学年の書き方やまとめ方は?

毎年、夏休みの宿題の自由研究には親子で悩まされるもの。 コツコツ観察するは大変! …