今日わかったこと!

毎日発見があると楽しく充実した日が過ごせますよね!

灯油は去年の残りを使えるの?使うとどうなの?危険なの?

   

kyonentouyu

朝晩冷え込むことが多くなりましたね。

そろそろ、ストーブやファンヒーターを用意する人も多いと思います。

気温の不安定で急に温かくなった昨シーズンの終わり、

灯油を買ったけど、急に暖かくなって使い切れなかった人もいるのでは?

去年の残りの灯油は、処分するのか、そのまま使っても大丈夫なのか気になりますよね。

今回は、去年の残り灯油の取り扱いについて調べてみました。

スポンサーリンク

灯油の去年の残りどうしてる?

基本的に、古くなった灯油は使わない方が安心です。

何故なら灯油は、徐々に酸化してしまい、成分が変わってきてしまうから。

また、空気中の水分が混ざってしまい水も溜まります。

灯油は、灯油の販売店や、ガソリンスタンドで処分をお願いするのが一般的ですが、

ガソリンスタンドによっては有料だったり、廃油を引き受けていないところもあります。

電話で前もって問い合わせるのが良いでしょう。

とはいえ、せっかく買った灯油を処分するのはもったいないし、少々面倒な気も。

もちろん灯油は水道や川に捨てるのもダメ、庭にまいたり穴を掘って捨てるのもダメです。

それならば、使ってしまった方がいいのでは?と思う人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

灯油は去年のものも使えるの?

国民生活センターでは、「シーズンを持ち越した灯油の使用は控え、

冬の間も必ず専用容器に入れ、日光や雨の当たらない場所で保管してほしい」と呼びかけています。

しかし、インターネットのユーザーの書き込みを読んでいると

「保管方法がよければ1シーズンぐらいは持ち越しても使える」という意見が多くみられます。

いい保管方法とは、色付のポリ容器で保管する、屋内の直射日光があたらない場所に置く、

空気に触れないようにする、容器の蓋はしっかり閉める、などです。

灯油の状態を簡単に見分ける方法は、透明なガラスコップに入れ、白い紙の上において色を見て、

透明であれば正常な灯油、黄ばんでいる場合は変質している灯油、というもの。

色は正常でも、普通の灯油の臭いでなく酸味がかった臭いがしたら、これも変質している恐れがあります。

色と臭いが大丈夫だったら、念のため「灯油の水抜き剤」を使うと安心です。

また、新しい灯油を買ってきて古い灯油と混ぜながら使うという方法をやっている人もいますが、

これも、色や臭いが大丈夫で、その上で実践するならアリだと思います。

古い灯油を使う時はあくまでも「自己責任」でお願いします。

灯油は去年のものは危険なの?

国民生活センターで古い灯油が危険だと言う理由は、古い灯油で暖房器具に不具合が起きたという相談が多くあり、

万が一、不完全燃焼が起こると、猛毒の一酸化炭素が発生しやすくなるからです。

不完全燃焼による一酸化炭素中毒では、死者がでる事故も多く報告されており、

古い灯油が危険と言われる理由には、一酸化炭素中毒事故のリスクが高いことが挙げられます。

インターネット上でも、昨シーズンの灯油を使って暖房器具が故障した例はたくさん挙げられています。

ポリタンク一個分の灯油(約千円)を節約するために、暖房器具一台を駄目にするのでは、

もったいないですよね。

使ってすぐ壊れなかったとしても、古い灯油を使っていると通常より燃えにくくなって、

暖房器具の寿命が縮むという情報もあります。

まとめ

私も灯油を使っていますが、4月頃になったら一回の購入量を減らすようにしています。

セルフのガソリンスタンドは、自分で入れるので面倒ですが、少ない量でも買いやすいですよ。

残ってしまったら、シーズン終わりに外に向けて温風を出して使い切ったり、

梅雨時に、浴室に向けて温風を出し洗濯物を乾かすという手も。

ちなみに私も、春に片付けたヒーターに残っていた灯油の色をチェックしてみましたが、

暗く涼しい場所にあったからか、色は透明で臭いも普通でした。

スポンサーリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

年末の挨拶で「良いお年を」は仕事納めに上司に言ってもいいのか?

スポンサーリンク 仕事納めの時に年末の挨拶をすることが多いと思います。 その時の …

仕事納めの挨拶で上司や職場に何て言うの?メールで送ってもいいの?

スポンサーリンク 会社の仕事納めの日の挨拶は、たくさん上司がいる会社では面倒に感 …

年始の挨拶に使う言葉で「昨年は」や「本年も」「こちらこそ」の正しい使い方は?

スポンサーリンク 新年のあいさつは、その場の流れで返してしまい言葉がおかしくても …

スマホを置き忘れてしまった!なくさないための対策は?

スマホは今や生活に欠かせないもの。 スポンサーリンク そのスマホがなくなったら。 …

子供の友達のマナーについて。家に来るときのお菓子はどうする?

スポンサーリンク 親としては我が子がお友達と仲良く遊ぶことは とっても嬉しいこと …

年賀はがきを喪中はがきに交換や返品はできる?12月に出してもいい?

年の瀬に近づき、年賀状は毎年勢いで作り上げてしまう人が多いかもしれませんが、 ス …

梅ジュースはいつから飲める?賞味期限と保存の方法は?

スポンサーリンク 梅のシロップを漬けたけれど、売っているものと違って賞味期限がわ …

タイヤを交換するときの選び方と時期や処分の仕方を整備士が教えます!

スポンサーリンク 自動車に乗っている人なら必ず必要になるタイヤ交換。 でも車に詳 …

お盆の迎え火と送り火の意味とやり方は?マンションの場合はどうするの?

お盆は祖先の霊が子孫のもとを訪れて4日間(または3日間)交流するものとされていま …

コートの洗濯の頻度はどれぐらい?自宅で洗えるの?干し方はどうすればいい?

急な寒波がきて、慌ててコートを出したけれど、 スポンサーリンク クリーニングに持 …