今日わかったこと!

毎日発見があると楽しく充実した日が過ごせますよね!

新築で子供部屋の仕切りとコンセントなど工夫したところ!

   

shinntikukodomobeya

新築を建てるときいろいろ悩みますよね。

大抵はああすればよかったと失敗したことが目に行きがちですが、大工さんに交渉したりして納得して新築のおうちになった方もお見えになります。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

新築で子供部屋の仕切りとコンセント

30代前半で家を建てるチャンスをもらった時、どんな家にしたいか、いろいろ考えました。

子どもが二人いたので、子ども部屋をどうするかが、まず問題でした。

というのは、あと一人産みたいと思っていたからです。

ですので、二階の部屋を間仕切りせずに、とりあえず二人の部屋として使うことにしました。

もしもう一人授かったときは、3部屋にできるように、扉の位置やコンセント、照明器具の取り付け位置などを予めに考えておきました。

結局3人目が生まれて、成長した後に間仕切りして使いました。

こうして、予想できる範囲で、余裕をもった間取りをしておければ、あとあとの苦労が軽減されると思います。

新築で工夫したところ

他にも、工夫して助かった点があります。

台所から洗面所、浴室への通り道が一直線で、引き戸ひとつなので、炊事、洗濯がスムーズにできます。

炊事しながら、洗濯の様子を見ることができ、また裏口も近くにあるので、すぐに干すこともできます。

スポンサーリンク

ダイニングキッチンとリビングは続き間の16畳なのですが、カウンターキッチンなので、子どもたちが幼いころは、一緒にいることができて良かったと思います。

和室は、床の間をなくし、大きな収納にしました。天井まであるオープンの棚にして、目隠しにロールスクリーンを取り付けました。たいていのものはここに収納できますし、取り出しやすく、お洒落なかごなどで見せる収納としても使えます。

和室の押し入れも、通常のサイズではなく、縦に長いものを収納できるように、大工さんにお願いして変わった形にしてもらいました。

押し入れというと、決まった形と思いがちですが、こちらからいろいろリクエストすれば、案外すんなり応じてもらえます。

大工さんも、いろいろ言ってもらったほうが、勉強になると言っておられました。

こちらが勉強したことが反映されることで、家への愛着も増していきます。

最後に、こだわったのは、浴室で、通常より大きなサイズにしました。

みんなで一緒に入れる浴室にして、光熱費の削減をはかりました。

家族の絆も強くなり、大変良かったと思います。お掃除だけは、ちょっと大変ですが。

まとめ

いろんなことを想定して新築の計画をたてると満足したおうちが出来上がるのですね。

工夫したところがちゃんと生かされていると愛着のあるおうちになります。

これから新築を考えられている方には参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ママ友の集まりに行きたくない本当の理由は!○○○が気になるから

スポンサーリンク 子供が保育園に入る頃から子供の友達を通じてママ友もたくさんでき …

お盆の飾りはいつからなの?作り方はどうやるの?片付けはどうするの?

お盆というと最近では「大型連休」という印象を強く持っている人も多いですが、 スポ …

年賀はがきを失敗したら交換できる期限や手数料は?去年のものはどうする?

たくさん年賀状を書いていると、失敗をすることは少なくないですよね。 失敗したはが …

お中元の時期はいつからいつまで?早かったり過ぎてしまったらどうする?

スポンサーリンク 6月になると「お中元商戦」がテレビのニュースになりますが、 目 …

授業参観の服装で中学の場合の母親と父親の着こなし方は?

小学校から中学に上がると、他の小学校からのお母さんも来ていたりして緊張しますよね …

ウォーターサーバーの一人暮らしの場合のおすすめは?維持費は?

スポンサーリンク ウォーターサーバーを導入しているご家庭も増えてきましたね。 冷 …

幼稚園の入園準備はいつから?必要なものや名前付けのコツは?

初めて子供が春から幼稚園!!親子共に楽しみな事もたくさんありますが、同じくらい不 …

浴衣でデートで気をつけることで着崩れした時や仕草について

7月に入るとあちこちで花火大会が始まります。 スポンサーリンク 日本人女性の奥ゆ …

片付けが苦手な主婦 学校のプリントは?ときめきの片付けで近藤さんは?

片付けが苦手な女性って結構多いみたいです。 テレビなどでも片付けられない女性の番 …

車のトラブルで冬の対策とエンジンへの負担を減らす方法

スポンサーリンク 冬になると、日頃の買い物を自動車で行くようにしたり、自転車通勤 …