今日わかったこと!

毎日発見があると楽しく充実した日が過ごせますよね!

春巻きの巻き方の失敗しないコツは?揚げる前にすることや温度は?

      2019/03/08

harumaki-shippai-geninn-kotu

春巻きって外はパリパリ
中はとろ~って感じで
美味しいですよね!

でも春巻きを手作りするのって
けっこう難しそうで
失敗しちゃうかもって思っている人が
多いようです。

失敗の原因と作り方のコツがわかれば
春巻きを作るのも難しくないですよ!

スポンサーリンク

春巻きを揚げる時に失敗!

春巻きを揚げるときに失敗してしまいました!
春巻きと春巻きがくっついてしまって
揚げる前に破れてしまいました。

それに皮もパリパリにならなくて。。。

具の味はとっても美味しかったのに
とても残念でした。

家族は気を使って
食べてくれましたが
やっぱり作って失敗するのはとてもショックですよね。

春巻きを揚げる時も油が飛び散って大変でした。
油が飛び散るのでキッチンも油まみれになってしまったし
腕も何箇所かやけどしました。

こうならないためにも
春巻きを失敗しないコツを次にまとめてみました。

スポンサーリンク

春巻きを失敗した原因は?

失敗した原因はいくつか考えられます。

■中に入れる具の水分をちゃんと切りましたか?

私はいつもは片栗粉でとろみをつけるのに
すっかり忘れてしまって具を炒めただけでした。
そのため野菜(ニラ・モヤシ)から水分が
出てしまったためと考えられます。

具はしっかりと水分をとばしましょう。

片栗粉でとろみをつけるのもいいですが
春雨をいれると水分をとってくれるので
具材として春雨を一緒にいれることもオススメです。

■その具はきちんと冷ましてから包みましたか?

温かいうちに春巻きを包んでしまうと
油ハネの原因になります。
温かいまま包むと熱で春巻きの皮が
しんなりなってしまうので破れやすくなりますし
くっつきやすくなってしまいますし
水分がでて油ハネになってしまいます。

急いでいるときは濡れタオルなどの上に
フライパンを置いて粗熱をとるなどしてから
包むといいと思います。

■春巻きの皮に具を入れて巻いてからの時間はどうでしたか?

春巻きに具を包んでから時間が経ってしまうと
皮が水分を吸収してしまうので
ベタベタになってしまいます。

具の水分をきっちりと片栗粉でとろみをつけ
完全に冷めてから皮を巻けば事前に皮を巻いて
冷蔵庫で保存しても大丈夫です。

すぐに食べないときは特にしっかりと水分を切り
熱もしっかりと冷ましましょう。

■春巻きを揚げる時の温度はどうでしたか?

最初から高い温度で揚げるのではなく
低温(100℃~130℃)からゆっくり揚げて
表面の色がついてきたら170℃~180℃くらいに
温度をあげてきつね色になるようにあげると
中身までよく温まって美味しく揚がります。

あまり一度にたくさんの春巻きを入れてしまうと
なかなか温度も上がらず皮が油ばかりすってしまうので
2本~3本ぐらいづつ揚げるのがいいと思います。

春巻きの巻き方は?

春巻きの皮一枚に対する分量も
大事になります。
あまり具が多すぎると
巻きにくいですし
皮が破れやすくなってしまうので
注意が必要です。

具を皮の中央より少し下の方に置いて
空気がなるべく入らないように
きっちりと巻くことがコツです。

春巻きの皮は破れやすいので
丁寧に隙間なく巻くのですが
一番最後の止るときに
小麦粉をのりのかわりにするのですが
ちょっと固めに小麦粉を練って
巻き終わった箇所にぬります。

水だけでもくっつきますが
揚げるときに水分で油が飛びやすくなるので
固めの小麦粉で糊付けするのをおすすめします。

また春巻きの皮には裏表があります。
ざらっとした方が表になるので
さらさらの方に具を乗せる形になります。
見極めは難しいですが
なんとなく触るとざらって感じがします。

特に裏表間違えたからどうなるというものでも
ありませんが食べた時の感触の問題なので
余裕があれば具を乗せる前に
確認してみてください。

■関連記事
失敗しない春巻きを作るための巻き方のコツは?
春巻きの巻き方で三角やかわいい巻き方のアレンジの仕方は?

まとめ

春巻きはやっぱりパリっとした
食感がないと食べた気がしないので
失敗しないように
水気をしっかりとって
低温でじっくり揚げてみてくださいね。

美味しい春巻きで
ご家族の「おいしい!」の声をききたいですね。

スポンサーリンク

 - 生活, 食べ物 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

防災グッズのセットを赤ちゃんの分は?ミルクはどうする?オムツは?

スポンサーリンク 災害は突然起こります。 赤ちゃんがみえるご家庭では赤ちゃんに必 …

スマホを置き忘れてしまった!なくさないための対策は?

スマホは今や生活に欠かせないもの。 スポンサーリンク そのスマホがなくなったら。 …

年賀はがきを失敗したら交換できる期限や手数料は?去年のものはどうする?

たくさん年賀状を書いていると、失敗をすることは少なくないですよね。 失敗したはが …

新築マンションの挨拶のタイミングとどこまで渡せばいいか?

スポンサーリンク 購入した新築マンションが完成し入居をする時は、周りが同時期に入 …

きゅうりの育て方でプランターで栽培するときの肥料や水やりの仕方は?

体を冷やす効果があるというきゅうりは、漬物や和え物、サラダや炒め物などいろんな料 …

自由研究のネタで中学生で簡単に一日でできるものは?

スポンサーリンク 夏休みは解放感から遊びに夢中で、 終わり頃になって「そういえば …

タイヤを交換するときの選び方と時期や処分の仕方を整備士が教えます!

スポンサーリンク 自動車に乗っている人なら必ず必要になるタイヤ交換。 でも車に詳 …

熱中症の症状で子供が熱を出しました!嘔吐した場合は?

スポンサーリンク 熱中症は体内の水分が失われ 皮膚の血管が拡張して血圧が低下し脳 …

暖房器具は使い方次第で効率アップ!暖房器具の比較と節電アイデア

スポンサーリンク 肌寒くなって、そろそろ暖房器具の準備を始める時期になりました。 …

つきたての餅の保存の仕方や切り方は?硬くなった餅を柔らかくする方法は?

つきたてのお餅の香りや柔らかさは、パックの切り餅にはない魅力がありますよね。 ス …